2012年10月24日水曜日

タブレット戦争開戦記念日?

そういえばVAIO Duoを注文。GPS付けちゃった。後は以前書いた仕様。
まとめると
Win8/i5/8GB/128GB/WiMAX無し/GPS/TPM無し/リアカメラ無し/英字/バックライト/保護シート/拡張バッテリー
というところですね。3,000円クーポンとワイド保障クーポン利用。
それとは別にケースも買ってたり。

それはそうと、iPad miniが発表されました。
ずっと資料作って死にそうだったのに発表生で見ちゃった。おかげで作業が止まり6時まで起きてる羽目に。
うーん、7インチクラスの小型タブレットは欲しかったのですが、若干残念な価格。
中身4S+非Retinaならせめて4000〜5000円くらいは安くしてほしかった。
Retinaじゃないなら7.9インチじゃなくもうちょっと小さくしてppi上げつつコンパクトな方が嬉しかったかも。
Appleのブランドイメージのためにプラボディで安価なiPadなんて作れないのはわかるけど、高級機にも廉価版にもなりきれない性能と価格はちょっと競争力に欠けるんじゃないかと思ってしまう。
なんにせよiPad2(しかも手放せない借り物)を使っていることもありスルー。

そして同日にはKindle Fireも日本で発表。
加えて先行しているNexus 7も価格改定が控えているようで、Apple vs Amazon vs Googleの小型タブレット戦争がいよいよ始まったのかな?まぁKindleもAndroidじゃん、っていうツッコミもあるが。
漫画の国の人間としては、電子ブックリーダーならこのサイズだろうと思うわけで、このセグメントを獲ったプラットフォームが日本の電子書籍業界を制するんじゃないかなと思ってます。
にしても、片手で持てるこのサイズ、絶対売れるセグメントだと思ってたんだけどなんでNexus 7が出るまでほぼ安物低性能の中華タブレットばっかりだったんですかね。
「タブレット」というジャンルの先駆者iPadが9〜10インチクラスだったせいでそこが勝負どころ、と高級機がそちらに集中しちゃってたんでしょうか。
何はともあれ、ようやくこのセグメントに役者が揃った今日がこの日が日本における開戦日になりそうです。

Nexus 7、16GBが安くなったら買おうかなぁ・・・


ところで最近、Appleの先行きが不安です。
どうしても「ジョブズがいないから」という先入観から逃れられないために過度に不安視しているんだろうけど、「おおっ」と思わせてくれる製品がしばらく無い気がする。
iPhone 5とかは買ったしLTE・テザリングも含め素晴らしい製品だとは思うけど、基本的にはiPhone 4のRetina化以降は革新的な要素に欠けるように思える。
もちろん一般的にはベストセラーのスマートフォンの後継なんだから正常進化で問題無いんだろうけど、ユーザが思いもよらぬような進化みたいなのが見えないのがちょっと残念。
MacBook Pro 13インチのRetinaモデルも発表されたけど、Air/Pro無印との棲み分けが怪しいあたりとか、製品ラインナップがスッキリしなくなってきてるのもらしくないなーとか。
最近は何を作っても発表前に情報が流出しちゃうので、発表時に真新しさを感じにくくなっているだけなのかもしれませんが。


後々書こうと思ってますが、マルチタッチとMacの融合に関してもコンサバで、Windows 8+VAIO Duoなどの方が尖っているというところとか、Macに関して将来の方向性が見えなくなってきている気がする。
まぁ素人が何言ってんだって話なんだろうけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿