2017年11月5日日曜日

9〜11月の近況


仕事がクソ忙しくなっているうちに気がついたら9月・10月が終わっていました・・・

ブログ書いてる余裕は無かったものの自作PC周りは色々と遊んではいたので、備忘録がてらざっとまとめていきます。



GPD WIN / GPD Pocket


未だにGPD周りのアクセスが大半を占めている中で残念?なんですが最近はこの両機を触れてないです。何せ仕事以外で外出ないもんで・・・

Pocketに至ってはBIOSアプデもせず放置してしまっている有様なんで今度時間を見つけてちゃんとセットアップしたいですね。グリスとか放熱シートとか別件で買ってたりするので一度バラして冷却対策もやりたいし。

ということで今回は自作PCの話だけです。


9月


世界最速のデュアルCPU Hackintoshを作る第2弾(大失敗)


前回、IvyBridge-EPデュアル構成でのGeekbench 4 Macスコア1位を狙いにいって20位になったわけですが、
X99機に積んでるQEYLを2個積めば

  • 3100 x 12 x 2 = 74400
となるので十分すぎます。問題はちゃんと動かせるかですが・・・誰かやってみませんか?w
と書いた通り実際にZ10PE-D8 WSとXeon E5 v3 QEYLを中古で買ってきてHaswell-EPデュアル構成でリベンジしてみました。QEYLは1個だけ買ってもう1個はX99機から抜き取り。

しかし、結果は大失敗。IvyBridge-EP構成をも上回れませんでした。敗因は
  1. デュアル構成で高クロックに張り付けられなかった
  2. そもそもGeekbench 4が多コア・デュアルCPUに不利だった
このあたりで、1. については、どうしてもXCPM周りを詰め切れずクロックダウンが発生しスコアを伸ばせず。ベンチを回すごとにスコアが下がる現象の回避まではできたのでデュアルCPU特有のxcpm_ipiオプションは効いたはずなんですが・・・

3.1〜3.4GHz張り付きを諦めBIOSからTurbo/EIST等を切ってもOS X側のXCPMで制御されてしまうらしくクロック固定にもできませんでした。

IvyBridge-EP構成ではXCPMでなくAICPMが使えたのもあってから高クロックに張り付いていられたんですがHaswell-EPではそうもいかず。

2. についてはGeekbench 3と比較すると多コア、特にデュアルソケットに厳しかったみたいです。

前回のときはたまたま?Geekbench 3スコアランキングで絞り込みとソートの組み合わせができず、自分の環境でのスコア比較をするしかGeekbench 3/4の傾向がわからなかったのですが、現在OS Xのスコアで絞り込める状況でGeekbench 3スコアを見てみるとGeekbench 4より明らかにデュアルCPUが有利なので、Geekbench 4でデュアルCPUというのがそもそも筋が悪かったっぽいです。

そのため、Geekbench 3スコアにおいては 1. の状況であっても1割ほどIvyBridge-EP構成のスコアを上回れたんですが、Geekbench 4では届かず、前回を上回ることもできない結果に。

ちなみに、前回スコアも危惧していた通りSkylake-Xに蹂躙された結果トップ100からも陥落しましたw


Haswell-EP環境を手放す


というわけで、このままだと散財しっぱなしなので持ち物を整理することに。

元々Haswell-EPデュアル構成がちゃんと動いたらIvyBridge-EP構成一式を売ろうと思っていたのですが、Hackintosh的にはIvyBridge-EP構成の方が完成度が高いことが確認できてしまったため方針転換。組んだばかりのHaswell-EP構成を手放すことにしました。


10月


GeForce GTX 1080 Tiを買う


レーシングゲームのForza Motorsport 7のPC版を買ったのですが、SLIが効かない上に要求スペックが高く、手持ちのGTX 980 Tiですら力不足とは言わないまでも4Kモニタでやるには少し心許なく。散財した分を回収しただけのにお金が増えた気になっていたのでGTX 1080 Tiを買ってしまった。

買ったのはMSIのGeForce GTX 1080 Ti GAMING X 11G。まあハイエンドグラボならMSI買っておけばいいんじゃないかという安直な発想です。

しかしここで大問題が。Ryzen機に入れようと思ってたのですがなんとDAN A4-SFXに入らない。幅・高さはちゃんと下調べしたので装着はできたんですが、なんと厚みがありすぎてサイドパネルが閉まらず

やむなく結局手放さなかったIvyBridge-EP機に入れてプレイしてます。デュアルCPUマシンでゲームとかいうオーバーキル感・・・ゲームをRyzen機、エンコードをIvyBridge-EP機という使い分けがしたかったのですが。

この後10月はサルのようにForza 7とGT Sportをやっていたのでそれだけで終わりました。


11月


X299E-ITX/acを買う


冒頭の画像です。X99E-ITX/acの後継モデルであるASRock X299E-ITX/acを買ってしまいました。やはり変態スペックの魅力には抗えず・・・

CPUはCore i7最上位で8コアのi7-7820Xとしました。i9は高すぎるんで・・・逆にi7はRyzenのおかげでIntelのHEDT向けCPUとしては久々に高コスパでしたね。正攻法でXeonじゃないHEDT向けCPUを買うのはi7-920以来です。

無計画に買ってしまったのでメモリは買っておいたけどCPUも今日届いたところ、そういえばクーラー買い忘れてたとかいう計画性の無さなので組むのは次の週末になりそうです。


こんな感じで最近はモバイルの波から自作の波に移行している感じです。今年いっぱい仕事忙しそうなんでまたブログは放置しそうですがX299E-ITX/acで組んだログくらいは残しておきたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿