2016年11月15日火曜日

なんとかモバイルSuicaをiPhone移行したの巻


iPhone 7でSuica、というかApple Payが使えるようになってはや半月以上、ようやくSuicaを登録しました。

本来Suicaを登録するなんて造作も無い話なんですが、Androidで登録していたモバイルSuicaの情報をiPhoneに移す前に、誤って通常のSuicaを登録してしまったのが運の尽き、モバイルSuica移行ができなくなりにっちもさっちも行かなくなっていました。

というのがApple Pay開始初日の話で、それ以降PASMO定期もあるしiD・QUICPayも使えるからまあいいかと放置してきたのですが、ようやく重い腰を上げて?なんとか移行できました。

ググった断片的な情報を元になんとか解決したので、せっかくだからまとめようかと思います。最終的には大したことはしてないですが。


何が起こったのか


ここまでで「症状が一致してるのはわかった!解決法だけ教えろ!」という方は後半まで読み飛ばしてください。

事の発端はApple Pay開始日、家に転がっていたSuica(物理カード)をiPhone 7に登録したことです。以下、元カードSuicaと称します。

当時、モバイルSuica特有のサービス(オートチャージなど)はiPhoneにSuicaを登録したでSuicaアプリからログインすればいいと思っていたのですが、そうではなかった。

あくまで1つのモバイルSuicaアカウントに紐付くSuicaは1つということで、Android側モバイルSuicaアプリから機種変更手続きを開始した上で、iPhoneからログインしSuica情報を移す、という処理が必要でした。

この時点では、「まあiPhoneはSuica複数枚登録できるから、この元カードSuicaは別カードとして、モバイルSuicaを別途登録すればいいんだろ」と思ってたのですが、


こんな感じでiPhoneに1枚でもSuicaが登録済みだと「会員登録」画面しかできず既存会員IDでのログインができない。さあ困った。

仕方ないので、この元カードSuicaの利用は諦めWalletアプリからSuicaを削除することにします。削除カードの復活はできるらしいですが、怖いのでチャージ額は使い切っておきます(余談ですが、こういうときコンビニでAmazonギフトカードとか買って不足分を現金払いすると綺麗に使い切れます)。

Walletからカードを削除すると、SuicaアプリからモバイルSuicaにログインできるようになるのですが、最後の最後の処理の段階で


こんなエラーが表示されてしまい登録できません。

どうやら、この「削除カードの復活」ができるという仕様が難点で、削除してもカード情報はiPhoneかiCloudかJRか知らないですが残っているようです。そのためカードを削除していてもこんなエラーが出てしまいます。

エラーメッセージの指示通り、WalletアプリからSuica登録をすることで削除カードの復活はできますが、そうすると結局最初の会員登録画面しか出せずログインができない。

というわけでにっちもさっちもいかなくなってしまいました。


諦めて新規登録・・・はしたくない


この状態に陥った場合の簡単な解決策は、諦めてiPhoneでモバイルSuicaの新規会員登録をすることなのですが、自分がチャージに使っているVIEWカードは複数のモバイルSuicaにチャージできないので紐付けを変更する必要があります。しかしながらAndroidのモバイルSuicaはVIEWカード以外と紐付けすると年会費がかかります

使わないAndroidモバイルSuicaに年会費を払うわけにはいかないので解約するしかないんですが、Suicaチャージできない程度に溜まったポイントが消えるとか、解約後にiPhoneで登録したときメールアドレスを使い回せるのか不明だとか、とにかく新規登録はしたくない、移行したいわけです。


払い戻しでSuica情報を抹殺する


というわけでどうするかというと、「(Wallet上にあろうがあるまいが)iPhoneに登録されたSuicaが存在する」という状況を解消するためにSuica情報を抹殺します。つまり払い戻しです。

が、物理カードと違いそのままでは払い戻しができないため、あえてここで行うのが「iPhoneで新規会員登録をして即払い戻し・解約する」という荒技です。

これによって一度登録してしまった元カードSuicaは物理カードだろうがiPhoneだろうが永遠に使えなくなりますが、まあ問題ではないでしょう。

まずWalletに抹殺したい元カードSuicaが登録されている状態(されていなかったらWalletから再登録)とし


この画面が出るようにし、「Suicaアプリ」か「チケット購入・Suica管理」から


会員登録画面を出し捨てアドでもなんでもいいので会員登録をします。別にやましいことをやっているわけではないので個人情報は普通に入れました。

会員登録が終わると、


このように画面が変わっています。ここで「チケット購入・Suica管理」を押すと


「このSuicaを払戻す」が選べるのでタップします。ちなみに残額0なら払い戻し手数料は取られないので0にしておいた方が得です。


払い戻し手続きが完了すれば、Suicaアプリから削除されます。


現時点でこの1枚しか登録していなかったはずなので、これで捨てアドで作ったモバイルSuicaも退会できています。


Walletからも削除します。

これで改めてSuicaアプリから既存のモバイルSuicaアカウントでログインすることで、晴れてAndroidモバイルSuicaの残額・オートチャージ設定・クレジットカード設定を移行できます(もちろんAndroidアプリ側で機種変更手続きをしてから)。

ただし、自分の場合は寝る前に作業してすぐは当初のエラーが出てしまいログインできず、翌朝iPhoneを再起動したら移行ができたので、少し時間を置くか端末の再起動のどちらかが必要だと思います(同時にやったのはどちらが要因かわからなくなるので失敗だった)。

なんにせよ、ようやくiPhoneでSuicaが使えるようになりました。同じ状態で困っている人の助けになったら幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿