2014年8月3日日曜日

ThinkPad 8用キーボードカバーを買った。

ThinkPad 8の注文状況を連打する毎日が続き、ついに我慢しきれず本体も無いのにThinkPad 8用キーボードカバーを買ってしまった。

買ったのはコレ↓。
【JUVENA】Lenovo ThinkPad 8専用BluetoothワイヤレスキーボードPUレザーケース付 キーボードとカバーが分離可能 【ペアリング説明書付】(ブラック)

実際は中国SEENDAブランドの製品なので、上記商品以外にも同等品が色々と販売されています。taobaoなどから直接買うこともできはしますが、手数料等々を考えるとほとんど得が無いのでAmazonで買った方が良いと思います。

この製品はThinkPad 8専用を謳っているものの、実際は専用ケース+汎用BTキーボードのセットとなっています。なのでほとんど同仕様でカバーのサイズや穴の位置を各タブレット向けに調整した製品が複数発売されています。なのでそのあたりの製品レビューを見れば大体の評判は掴めるかと思いますが、レビューはともかく画像があまり見つからなかったので画像多めで紹介してみます。


まずはパッケージから。

意外と(失礼)洒落たパッケージに入っています。JUVENAブランドの影も形もなく、SEENDAロゴ・中国語丸出しですが。各タブレット共通パッケージなのか(ピンクのラベル部分はシール)、8インチクラスでは縦の長いThinkPad 8用のこのキーボードカバーは結構無理して詰めてある感じです。


次に表。

表と見せかけてこっちはで、キーボード側になります。置いて使う際、キーボード側がフラットにならないといけない都合上、開いた際にカバーを閉じる帯?の部分が来ない方が表っぽく、スタンドとかが付いている本体側が裏っぽいデザインになってます。


ということで裏っぽい表(?)。

真ん中に付いているのがスタンドです。スタンドはマグネット固定で、引っ張り出すとつっかえ棒(板?)が出てきて固定されます。しまうときはこのつっかえ板を手で押して閉じる感じになるので少しカッコ悪いかも。


キーボード。

開いてびっくり、まさかのカバー付き。単なる半透明シートじゃなくて、ちゃんとキー配列に沿った凹凸付きのカバーです。こんなニッチ製品のキーボードカバーが発売される可能性はもちろんゼロなので欲しい人には代え難いものである。要らないけど・・・


気を取り直してキーボード。

割とオーソドックスなUS配列。流行りというか標準と化したアイソレーション型。ファンクションキーの列が省略されFn+数字キーに割り当てられるというモバイルキーボードにありがちな形式。Fn+Q/W/EでiOS/Android/Windowsの切り替え(Fn+数字の機能切替)ができるあたりで専用品でないことがわかります。カーソルキーのために最下段が縦長なのは若干ダサいですね。全体の幅は20cm、通常キーの幅は約12mm、キーピッチは約15mmといったところ。ちなみに本体上部から黒い部分がはみ出していますが、タブレット固定部分のたるみなのでThinkpad 8入れれば大丈夫です(持ってないけど)。

通常のUS配列だと「1」の左にある「`」「~」用のキー、Pの右にある「[」「]」「{」「}」用のキーと「'」「"」用のキーがそれぞれ右寄りのキーとのFn併用になっています。通常Shift切り替えの文字がそれぞれ別のキーとのFn併用になっているので、Fn+Shift+○の3キー入力はしないで済むようになっています(好みは分かれそうだけど)。

一方、通常右Shift左にある「/」「?」用のキーとPの右3つ目の「\」「|」用キーはスペース右側に移設されています。ここらへんは使用頻度が高そうということでFn併用にならなかった感じでしょうか。トレードオフとしてスペース右側の修飾キーが無くなっています。「/」「?」に関しては右Shiftを通常キー幅にしてでも普通の位置に入れた方がいい気はします。

ここまで書いてて気がつきましたが、キー自体は「Anker iPad mini ウルトラスリムキーボードカバー」や「BooKey Pro(とその同等品)」と同じものです。結構この界隈だとありがちなキーボードのようです。キーボード自体汎用品のため、iPad mini用キーボードと同じキー=iPad Airと同等の幅(高さ?)のあるThinkPad 8の幅を活かせない、というのは少し残念。


Logicool Ultrathin Keyboard Folio for iPad miniとの比較。


前述の理由もあり大体同じサイズです。キーは大胆に省略してる分Ultrathinの方が大きめ。ただiOS用ということでTabが省略されたり記号キーが極小になってるUltrathinよりは無難な配列で使いやすいと思います。


キーボードは取り外しもできます。

というか、単にケースに埋め込まれたマグネットに固定されているだけなので簡単に外せます。ただこのマグネットが良い感じで、四隅に配置されタイピングでズレたりぶら下げて落ちない程度にしっかり固定し、かつ簡単に外せるさじ加減になっています。取り外せば普通のカバーとしても使えます。


開いたところ。
前述のスタンドは角度調整とかはできないタイプです。帯?の部分はスタンドにマグネットで固定できます。

とまあこんな感じです。個人的な感想ですが、思ったよりカバー・キーボード共に質感が高く嬉しかったです。キー配列に関してもピッチは狭いもののこのサイズにしてはまともな配列になっており、こんなのあんなのを使ってきた自分からすれば楽勝もいいところです。しかし今見ると初代LOOX Uのキーボードはなぜ使えたんだろうという配列ですね・・・TabがFn+スペースってすごい()

早く来い来いThinkpad 8。

0 件のコメント:

コメントを投稿