2016年6月5日日曜日

GPD WINの良いニュースと悪いニュース

ニュースっていうほど新しくはないですが・・・

とりあえず、良いニュースから。

Geekbuying以外に予約手段のなくなっていたGPD WINですが、Makuakeで受注が再開されました。今回は台数制限無しの39,800円とのことです。

Geekbuyingが$330ですから、技適が確実に適用されていて国内代理店経由、というアドバンテージを考えると39,800円でもまだお得なんじゃないでしょうか。これから、これ以上安く、早く手に入る機会は無い気はします。

台数制限が無いとはいえ、何台まで受注するのか、あるいは何台までは10月に手に入るかがわからないので、検討中の方は早めに申し込んだ方がいいんじゃないかなと思います。

追記:もう1つ良いニュース
GPD WINの技適問題ですが、GPDが直接取得するという情報に加え、日本向けGPD WINは全て技適に通っているというアナウンスがあったため、Indiegogo出資者も気兼ねなくWiFi・BTが利用できそうです。
アナウンス:
Really thanks for your support.We are applying for Giteki certification now,Please don't worry,all of Japan bankers will own a GPD WIN certificate by Giteki.


悪いニュース。
受注再開の話と同時に、Makuakeで以下のような仕様変更アナウンスがありました。
またGPD WINの一部仕様変更に関してメーカーから連絡が入りましたのでご連絡させて頂きます。
主な箇所として供給性向上のためCPUがAtom Z5 Z8550 -> Atom Z5 Z8500へ変更となりました。
細かい誤字はさておき、CPUがx5-Z8550からx5-Z8500へダウングレードされるとのことです。USBの変更など他の変更と併せてアナウンスされているので、当初のZ8500→Z8550のアップグレードと勘違いしているのでは?という指摘もありましたが、Makuakeでの当初スペックが既にアップグレード後のZ8550だったのでそれはないと思います。

Z8550とZ8500の差はほとんどありませんが、目に見えるところでは最大クロックが160Mhz低下することになります。また、Z8500の方がステッピングが古いため、仮に新ステッピングに低消費電力化や低発熱化の恩恵があった場合受けられないことになります。

個人的には実用上の影響はほぼ無いと思いますが、次期モデルが存在しない可能性が高く可能な限り最新・高スペックのCPUであってほしいだけに少し残念ですね。

このCPUの変更対象が、
  1. 全GPD WIN
  2. Indiegogo以外で受注したGPD WIN
  3. Makuake受注分のGPD WIN
  4. Makuake追加受注分のGPD WIN
のどこまでになるのか、現時点でGPDから特にアナウンスが無いため不明です。
2仕様作るメリットが無いので 1. の可能性が一番高いと思いますが、そうでない場合Geekbuyingtaobaoのページで以前からCPUがZ8500だったことを考えると、2. の可能性もあるかもしれません。

こちらの詳細に関してはGPDからアナウンスがあり次第反映したいと思います。


Makuakeの盛況により日本での盛り上がりが増してきたGPD WINの近況でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿