2016年6月15日水曜日

Pyraニュース - 筐体サンプル到着

GPD WINの方はちょくちょくプロトタイプ写真がアップされたりしていていつも通り?にぎやかな感じですが、DragonBox Pyraの方にも久しぶりに動きがありました。

A few Colors and Packages (with a poll!)
https://pyra-handheld.com/boards/threads/a-few-colors-and-packages-with-a-poll.77548/

外装の製造を請け負うギリシャの会社から筐体サンプルが届いたらしく、写真がアップロードされています。


これまで
こんな感じの検証用半透明プロトタイプしかありませんでしたが、

こんな2色のサンプルが届いたようです。う、うーんプロトタイプの方が格好良くねぇか

本当は合計6色発注していたものの、遅配か何かで現在この2色しか届いてないとのこと。開発者曰く「まあどっちにしろ近々ギリシャに行くんで少なくともその時には全色確認できるっしょ」とのこと。

にしても、「発売時点では黒系とあと1色から選べるようにする」と言ってたはずなんですが、もう1色の候補が明らかに1番人気になりそうもないパープルっていうのは・・・w

6/15追記:パープル筐体はプロトタイプ発注者からオーダーがあったため作ったそうで、製品版候補のためではないみたいです。ちゃんと読んでなかった。

ちなみにグレーの方に関してはフォーラムの大多数が「もっと暗いグレーが良い」と言っているし、そもそも開発者自身も「もっと暗い方が」と言っているので、この色が採用されるとしてももう少し黒に近いグレーになると思います。自分もその方が好みですね。

パープルに関しては・・・ノーコメントでw もう少し暗い色なら、5色展開したくらいの頃にあっても良い気はしますが。

ただどちらもフラッシュのせいで実際以上に明るく見えすぎているきらいがあるので、後述の動画ではもうちょっと暗い色に見えます。

写真映りや後述の金型の関係で現状チープに見える感はあるものの、実際結構しっかり作ってあるようで、成型色なので塗装剥げなし、指紋対策、引っ掻き傷対策などされているようで長く使えそうな感じがします。

そのあたりは以下の動画で紹介されています。
動画を見るとヒケ・ムラが激しく非常に安っぽくなってしまっていますが、これはどうやら試作品特有の問題のようで製品版では対策されるらしいです。

開発者曰く、機械の調整及び金型の硬化(?)が終わっていないためヒケやムラが出てしまうそうです。金型の硬化をすると修正ができなくなるらしく、まだ微修正が入る可能性があるため硬化してない金型で筐体サンプルを作った結果だそうです。プラスチックの成型は全然知らない分野なので完全に受け売りですが。

パーツの噛み合わせがイマイチなのもその修正が終わってないことが原因で、特にSDスロット付近が浮き気味なのは基板と筐体がまだ完全にフィットしてないからだそうで。

このあたりは製品版ではバッチリ綺麗にするぜ、という話なので信じて待ちましょうという感じです。

しかしまあ、

こういう写真を見ると「厚っ!!」って言いたくなる分厚さに見えますが(実際32mmなので全然薄くはないけど)、動画で見てみると厚いのではなく劇的に小さいから相対的に厚く見えるというのがよくわかりますね。

あと細かい話を書き連ねていくと、スティック部分を筐体同色にするか黒にするかは検討中だそうです。筐体と一緒に化粧箱の話題も出ていましたが、本体にACアダプターは同梱されないようです。「MicroUSB充電だし、どうせお前らUSB充電器持ってるだろ?」とのことで。まったくその通りだと思います。最近のUSB充電できる系ガジェットで付属アダプタなんてまず使わないです。個人的には、ケーブルについてもリバーシブル型だったりマグネット型だったりを用意して使うので、付けてくれなくていいくらいですが。

また、ディスプレイ側に付いているプレートはLED付きで色々な通知に使えて便利、だそうです。「SMS・メール受信通知とか着信通知に使えるぜ!」って、LTE付きとは言えPyraでSMS・通話ができるようにセットアップするまでが難関な気がしますが・・・w

ともあれ、ゆっくりまったりながら少しずつでも進捗が見えてくるとテンション上がってきますね。

0 件のコメント:

コメントを投稿